ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS Baffalo DAC コントローラ(追)

<<   作成日時 : 2010/05/02 11:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

 BaffaloDAC用のArduinoのコントローラが出来ました。まだ予定のフル機能が実装できていませんが、デジタルVRとダイレクトのフォーマット切り替えが用意できた所です。

 まあ、メインの追加機能はそんな所で充分なので、実用上はこれで何とかなるとは思います。DSD1794Aで大体のレジスター設定の勘所は解ったので、今回は割りとすんなりいくかと思っていましたが、結構伏兵が。

 VRの設定は通常考えると設定数値がdBリニアになると思っていましたが、このES-9018はかなりの(ほとんどBカーブに近い)超AカーブでVR値でフルの1/10ぐらいのところでも-20dBにしかなりません。
 なのでVR読取値をそのままリニア圧縮した(単純に8で割った)値を入れると、市販のアンプのVRのような感じになります(9時ごろの位置で結構な音量が出ます)。おそらくAVアンプあたりのVRを想定して実装し易くしているんだと思いますが、正確なdB値のLCD表示は無理ですね。

 後は正面パネルにロック表示のLEDをBaffalo基板から持ってきて付けました。やはりDACはロック表示があると安心できます。

 ただ、まだ残っている問題点があります。Direct接続で音は出ているのですが、フルビットでの出力レベルが半分の1Vrmsしか出ていません。特に何もその辺はいじっていないのですが、S/PDIFはちゃんと2V出るのに?です。元のコントローラICにするとDirect入力でもちゃんと2V出るので、ますます解りません。この辺は腰をすえて解析してみないといけませんね。実はまだ他にも2,3不可解な点があるのでスッキリとしたいところです。

 とはいえ中々良い音でES-9018が楽しめるようになり、その点では結構満足と言った所です。まあ徐々に改善していきたいと思っています。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも仕事が早いですね。 液晶部分のケース開口は、どんな工具をお使いですか。
torosan
2010/05/03 06:14
 液晶部分の長方形はニブラーで穴を開け、後はやすりで仕上げですね。小口は塗装が剥がれてアルミが見えるのでタッチペイントで黒く塗装すると、全体が締まって綺麗に仕上がる様です。つまみも暫定なので良いの探さないと。
ケン
2010/05/04 19:38
ご回答ありがとうございます。
このアルミの厚さは、どの位あるのでしょうか
torosan
2010/05/05 23:53
 パネルはアルミは1.5mm厚ですね。少し厚めでしょうか。
ケン
2010/05/07 20:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
Baffalo DAC コントローラ(追) ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる