ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS Buffalo II DACを聞く

<<   作成日時 : 2010/04/14 12:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

 届いたES-9018SのBuffallo II DACを早速聞いてみた。IVとポストフィルターはUSBDACのDSD1794A用に作ったものがそのまま使える。ダイレクト入力も備えているのでこちらも試すことができた。

 Buffaloはまだ専用ソフトは組んでいないので標準仕様となり、その特徴有るS/PDIF(1ch)とI2Sのみが使える。S/PDIFは丁度前のUSBインターフェースのS/PDIF出力を使い、I2SはSDメモリープレーヤの出力を使用する。

 Buffaloは4方向にコネクタをつけるパッドが有って組み立てる端子も付属しているが、5V電源と左右バランス出力、それにデジタルの入力系に分かれる。
 基板内部は3電源に分かれていて、デジタルコア用の1.2V、デジタル用3.3V、アナログ用3.3Vに分けられ、アナログはシャントレギュレータがサブ基板で実装される。

 ダイレクトはSDメモリーで試聴。ハイサンプリングやノーマルでも聞いたが、密度の高い音で力強い音がする。同時には比べられないが、電源の違いだろうか以前の評価ボードよりも良いような感じだ。ESSのDACらしくS/N感もよく、切れの良い音が聞けた。
 SDメモリープレーヤはルビの有無も比較したが、差はそれほど大きくは感じられない。DACの水晶も結構良さそうだ。同じソースでS/PDIF(ElectroArtさんのUSBインターフェース)も試してみたが、こちらも水晶クロックだが思ったほど差が無く、結構いける。DAC本体の水晶クロックが結構良いのかもしれない。こうなるとDAC以降のレベルをもっとあげないのその差が見え辛いのかもしれない。

 その後もう少しじっくり聞き比べてみた。やはりESSのよい所は高域がしゃくりあげていない点だろうか。WM8741もDSD1794もやはり高域の伸びが若干強調されるようなとことがあって、弦の切れなどは良く聞こえるのだが、何か聞いている方に落ち着きがない。その点ESSはテープサウンドのような中域の伸びと厚みが有って、一聴高域が延びていないように聞こえるが、神経質な所が全くない。その中低域も分解能があってもやもやした所が無くスッキリとしている。
 S/PDIFでもかなり良いだが、DPLLといえどもやはりトラポの影響は残るようだ。トラポにはルビロックを掛けると定位と音のピントが合ってきて良くなるのは同じだが、こうすれば結構満足がいく音がする。

 総合的にみてやはり4パラDACの威力が効いているのだろうか、以前も感じたようにESSDACのチップ性能は高いようだ。またこのボードはモノモードも有るので贅沢に左右ワンチップづつにすると更に良い音になるそうで、次はチップから組み上げて色々聞いてみたいと思っている。が、その前にコントローラソフトを組まなくっちゃ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ArduinoをI2Cに接続する場合は、Buffalo II上のマイクロコントローラを外すことをお忘れなく。Arduinoの電源はBuffalo IIのI2C端子のところから取って、全く問題ないように思えました。I2Cのプルアップ抵抗は、Buffalo II側にあるので、Arduino側で用意する必要はありません。
Bunpei
2010/04/14 18:12
 アドバイス有難うございます。やはりES-9018は良いですね。
 ところでコントローラのツインマスターというのは駄目だったのでしたっけ。まあ余計なトラブルは背負い込みたくないので外してやってみます。BuffaloのI2C端子の電流は75mA制限に引っかからなければ大丈夫ですが、私はLCDも付けるのでやはり別供給になりそうです。
ケン
2010/04/14 18:30
I2Cのスレーブで2ポートの共有EEPROMものについては、ちあきさんが評価中でございます。
Bunpei
2010/04/15 00:13
はじめまして。少し前に貴兄ブログを見つけてチェックさせてもらっています。ES-9018SのBuffallo DACについて質問させてください。ES-9018Sのデータシート等の情報は正式な手続きを踏まないと開示してもらえないような記事を見たような記憶があります。Buffallo DACを購入するとI2Cからの制御情報(レジスタ詳細)がわかる資料も入手できるのでしょうか?ご存知でしたらよろしくお願いします。
kou
2010/04/16 01:57
 TwistedPearはDIY専用ですから(^^;ほんの簡単な説明書で充分な資料もないくらいですから、勿論ESSの資料何かはありませんし、残念ながらこちらから開示もできません。
ケン
2010/04/16 07:50
回答ありがとうございます。Arduinoで制御することを考えておられるようですが、以前評価されているSABRE評価ボードで得られる情報を活用することで可能になるのでしょうか?
kou
2010/04/17 10:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
Buffalo II DACを聞く ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる