ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 定電圧基板

<<   作成日時 : 2010/03/30 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 木村@御殿場さんのCurrent Feedback Inverted MOS-FET ampが良かったので、追加の申し込みをしたら定電圧基板をモニターで送っていただいた。回路を見ると定電圧回路といえども回路は結構複雑で素子数も多い。中々凝った電源のようである。

 電源回路も結局はアンプと同じで音を決める要素には違いが無いが、簡単に交換というわけにもいかず、比較が無いとアンプとの込みでしか解らないので単体での評価は中々難しい。その差が解るかどうかは心もとないが、ついでなので作ってみようとは思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
石田さん、こんばんは。
木村@御殿場です。
早速、定電圧基板をブログに掲載頂き大変恐縮です。
 見かけは大分変わってますが、これは窪田式定電圧電源を自分なりに研究し至った回路で、その過程でTrの品種変更(更にはFETへの変更)にも、柔軟なように構成を心がけました。また、ハンダ付け時の熱拡散にもちょっぴり注意してみました。
 お気に召していだければ嬉しいですが・・・。
では、ご掲載頂きをありとうございました。
木村 拝
木村@御殿場
2010/03/31 01:18
 あまり今まで電源はローテク(物量)で誤魔化していたのですが、やはり定電圧供給が重要なことに変わりはありません。
 でもこれで大分違ってくるとなると基本的に定電圧電源を付けなければとなって悩みも増えますね。
ケン
2010/03/31 07:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
定電圧基板 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる