ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS Monitor 01 US 入手

<<   作成日時 : 2009/12/13 11:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 中国製のMonitor 01 USというUSB DACを入手した。小型ながら192kHzfs24bitが受けれられるという高性能インターフェースだ。大きさはタバコサイズで色はシックなグレー、出力はRCAとPhone,TOSを備えている。

 Driverは添付のCDからインストールすることになっているが最新版(1.0.6)が下記からダウンロードできるので(どういうわけか本体のHPには無い)こちらからのほうが良いだろう。接続前にDriverをイントールするのだが途中警告が出てビビるがそのまま何とか終了。再起動後DACを接続すると無事自動認識された。インストール時にハングしたという報告もあるのでできればbackUPをとると良いだろう。

 PCはThinkPadのX31、WinXPのSP3で再生はSamplitude10.1を使用。専用ソフトを起動するとFS,ドライバーの種類、出力レベル調整のVRが見える。マニュアルが中文で最初は分からなかったがRCAとPhoneは切替使用なのでラジオボタンがある。Phoneでも個別にレベル設定ができるのだがPhoneは全体にちょっとレベルが高すぎるきらいがある。WDMのドライバは6ch用のよう(共用?)だが1+2(実際はサフィックスは無し)で聞ける。ASIOは2ch専用となっている。
 私のところではサンプリング周波数切替はWDMでないと行なえなかった。ASIOで違うサンプリング周波数で聞く場合には先にWDMで変更する必要があるが、これがプレーヤソフトとの兼合いかどうかは不明。ドライバーVerUPでの改善されると良いのだが。添付CDのDriverでは多少ノイズが聞こえたが最新版では問題なかった。

 音のほうはFF400と両者のアナログアウトで比較した。FF400は専用のSW電源を使用し外部クロック無しの条件。88.2kHzfs,96kHzfs,176.4kHzfsと聞いたがMonitorもハイサンプリングでもFF400に引けをとらない音がしている。むしろ低域はボリュウム感があり小型装置だとこちらの方が良く聞こえるかもしれない。デジタル接続の専用DACからは落ちるが詰まったようなところはなく結構聞ける。デジタルでの比較はFF400にTOSが無いのとWM8741DACではTOSのハイサンプリングがうまく受けられなかった(テストしてなかった)ので今回は無し。

Driver Download先
http://coolfungadget.com/musiland/

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Monitor 01 US 入手 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる