ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ESS9018 DAC

<<   作成日時 : 2009/12/06 10:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
 ひょんなのことからESS社の最新DACチップの話題が入り注目しています。旭化成と同じ32bit分解能ですが、既にマッキンのCDプレヤーに採用され、MJ(90/1)にも柴崎さんのレポートがあります。最近MJ読んでなかったので気がつきませんでした。中々評判は良さそうです。

 8chものDACが同一チップに入っていたり、DAIレシーバも込みでクロック再生のPLLも特殊とか。クロックの精度(ジッター)もそこそこで回路で何とかするなどと言われてしまうと、このチップ1個使うだけでDACはお終いということになりそうです。最新シリコン事情ののローパワーの高速演算性能もこんな形で生かされてくるとは思いませんでした。

 そのうち評価版が聞けるようになるかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
海外のDIYサイトでは、かなり以前からキットが配布されていますね。っていうか、気がついたらOut of stockになっていましたが...

http://www.twistedpearaudio.com/digital/buffalo.aspx
名無し
2009/12/07 22:19
 そうなんです。次のVerが中々出ないようで。
ケン
2009/12/08 07:25
Yahoo!検索でお邪魔しました。
今、大船の我が家ではES9018とES9008Sの比較試聴ができます。遊びに来ませんか?
http://www.teddigital.com/ESS_Es9008B.htm
てっちゃん
2009/12/16 11:36
SD Memory Card Player (SDTrans192)
http://www.diyaudio.com/forums/digital-source/142562-microsd-memory-card-transport-project-7.html#post1997270
とESS 9018の組み合わせで、192 kHz 32 bit PCM IntegerのWAVファイルのI2S経由での再生に成功しています。(ひとつは、ES 9018を使ってノルウェイの方が自作したDAC、もうひとつは手元に持っているES 9018 2CH Evaluation Kitです)
これから、ES 9018で352.8 kHz 24 bit DXDフォーマットの再生にチャレンジします。ES 9018はこのfsでも、8倍オーバーサンプリングができるというのですから驚異ですね。
Bunpei
2009/12/16 18:57
 てっちゃん。お誘いありがとうございます。こちらでも試聴が可能になったので大丈夫です。
ケン
2009/12/17 08:42
今のところES9018のNo Over Sampling モードではありますが、352.8 kHz / 24 bit DXDの再生ができました。Evaluation kitのクリスタルを換装して、8倍Over Sampling モードでの再生にチャレンジします。
Bunpei
2009/12/18 13:07
外部から 22.5792 x 4 MHz のクロックを注入することにより、8倍Over Sampling モードでの再生に成功しました。
http://www.diyaudio.com/forums/digital-source/142562-microsd-memory-card-transport-project-10.html#post2018495
Bunpei
2009/12/20 12:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
ESS9018 DAC ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる