ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ND-S1用電源フィルター

<<   作成日時 : 2009/11/04 17:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 ND-S1の電源には5VのACパックSW電源が付いているが、これも何気なく他の5Vの物と変更してみると結構音が変わる。SW電源の容量だけでなくノイズの影響もあるだろうかと思って、本体との間にノイズフィルターを入れてみた。ちなみに1次(AC100V)側は現品を確認していないが、ノイズフィルターは元から入ってるはず。

 写真のものが手製のノイズフィルターでDC供給側と電源との間に入れている。インダクタンスは1mH、コンデンサは0.1uFのラダー型で、コモン、ディファレンシャルどちらのモードにも効く。手製でなくとも通常のAC100V用ノイズフィルターでも使えるだろう(ただし効果の程はそれぞれの特性による)。

 SW電源の種類以上にフィルターはやはり効き目は大きいようだ。入れると音の細かい部分まですっきりと伸び、奥行きも深くなるように聞こえる。同様にSRCの方にもフィルターを入れ電源も別にした。やはり共通だとフィルターを入れても完全には影響を切りきれない。

 RMEの柔らかい余韻の伸びとは又違う音だが、電源系の改善でも結構グレードは上がってきたようだ。やはり最後はトランス電源にするか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ND-S1用電源フィルター ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる