ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ALPAIR10試聴

<<   作成日時 : 2009/10/15 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 スピーカはやはり聞いて見なければ判らない。折角なので1個ながら簡易的に試聴してみた。写真のようにFW-167Eバッフルの残骸に何とか取り付け、後ろは30cm径ぐらいの半球ボールとホントに暫定的な条件。

 一応167Eとも比べてみたが、比較するまでも無いほどバランスはフラットで歪感が少なく中々良い。167Eは俗に言う紙臭い中高域が張った音だが、ALPAIR10はそれが無い。すっきりした中域に適度に低域の厚みがあって高級な音がする。高域も良く伸びているが欲を言えば僅かに金属的な音がするので、将来はツィータをつけたくなるかもしれないが、フルレンジとして充分使えるレベルだと思う。

 このままだとバッフルの音が結構するのできちんとした箱に入れるとどうなるかは判らないが、中域の盛り上がりもそれほどいやみではなく、ボーカル系が前に出るので好まれるかもしれない。補正を掛けると音場はフラットになるようだ。値段が半分ぐらいだったらお買い得なのだが、マグネシュウムコーンがコストアップの要因なのかな?

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ALPAIR10試聴 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる