ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS BPのUSB->S/PDIFインターフェース

<<   作成日時 : 2009/10/26 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 バクーンプロダクツのUSB->S/PDIF、いわゆるオーディオインターフェースのプロトを試聴することができた。この製品は96kHz24bit対応とのことで出力はTOS、同軸、バランスのデジタルアウトのみ。サイズは75シリーズと同じケース。

 ドライバは自動でインストールされるがXPではUSB−DACではなくdx−USBと言うドライバが入る。これはSP3からの様で最新版にアップグレードが必要。vistaは不明。

 手持ちのUSBオーディオインターフェースはND-S1しかないので(この部分は未改造)、これとRMEのmultiface、fireface400などと比較した。DAC側等に外部クロックをつけるとあまり差が出ないのでクロックは無し、電源も添付のSWタイプを使用した。

 比較するとND-S1は全体に軽めの明るい音に聞こえるが、BPのはずっしりと落ち着いた安定した音調に変わり安心して聞ける。RMEにするとこれにわずかな余韻が感じ取れ雰囲気が加わると言った感じで、流石にfirefaceは品が良くなる。思ったよりそれぞれの差は少ないが聞いているとそれぞれの特徴ははっきりとしてくるように思える。
 BP以降はハイサンプリングデータも聞いてみたが基本な傾向は同じだが、それぞれ解像度が上がり音がほぐれてくるのは何時ものこと。最近はUSBでもハイサンプリング対応のものが出てきたので、使い勝手の良いUSBでも音の良いインターフェースが増えてくるは有難い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BPのUSB->S/PDIFインターフェース ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる