ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ラ技9月号

<<   作成日時 : 2009/08/13 07:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
 宣伝で恐縮だが、今日発売のラ技9月号に一連のルビジウム発振器利用の応用解説としてCDプレーヤの改造記事を掲載していただいた。

 記事はなるべく簡単にできるようにと、ルビジウム出力の波形整形回路も省略して、直接CDプレーヤの水晶を置換して送りこむ方法にした。できれば波形整形も入れて電源もトランス式とするとよいだろう。もちろん内部もコンデンサなどを入替えればなおレベルの高いものとなる。どうもルビジウム関連の情報は出し惜しみされている?こともあって、内容的にはWebの引用部分もあるが紙ベースに載せるのも意味があるだろうと書いてみた。

 ルビジウム発振器のFE-5680Aはe-Bayで購入したがまだ$200程度で売られている。海外はリクスもあるが手数料と納期が気にならなければセカイモンもある。私は直に香港の業者を利用して4,5日で届いた。支払いはPaypalを利用するのが便利だろう。

 ルビジウムは目新しさもあるので注目されるが、なぜ水晶と違うかは実のところあまりはっきりはしていない。中身を調べてみればわかるが、ルビジウムといえども最終的には水晶のPLL出力で構成されているのだから、高精度の水晶発振器とはそれほど違いは無いはずなのだが、そこのところが良く私にはわからない。確かに音を聞けばその差は判るのだが、まあルビジウム=高性能というイメージが分り易いのでそのままにしているのが実情である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
早速、本日の夕方、職場の近くの図書館で拝読しました。
今回は正弦波の出力をそのまま水晶発振の回路のところに注入されているのですね。信号線に直列にコンデンサ(デカップリングと言ってよい?)を入れておられますが、インピーダンス調節用の抵抗は入れておられないんですね。方形波とちがって正弦波はエッジの乱れを考慮することが不要で楽ですか?
Bunpei
2009/08/13 23:06
 今回はなるべく間単にできるようにと考えて波形整形を入れていません。そのため正弦波なので波形の乱れはあまり考えなくてもよく、インピーダンスマッチングも省略しています。ただし、正弦波だとスロープが緩やかなので伝送経路のノイズに対してジッターには弱くなります。
ケン
2009/08/14 07:42
 あまり知られていないがルビジウムの発振周波数?はどうもどれも同じではないようだ。FE-5680Aの場合DDSの入力周波数が読み取れるが、今まで見たものはどれも異なる。周波数変更で個々に分周比の面倒な計算をしなければならないのはこのためだ。質問があったので補足まで。
 ちなみになぜ違うのか知っている人がいたら教えてほしい。
ケン
2009/08/14 20:54
以前、山本さんという方が御自分のサイトに「FEI社は源発振がちょっと違う」という趣旨の書き込みをしておられたように記憶していますが、今見るとタイトルだけになっています。
http://www.dty.sakura.ne.jp/keisoku/
どら。
2009/08/20 22:11
はじめまして山本と申します。
このページはgoogle検索で偶然見つけました
通常のルビジウムは10MHzとか20MHzとか切りの良い周波数の水晶を使っていますがFE-5680は50.255MHzと半端な周波数の水晶からDDSで目的の周波数を作るようになっています。
この方法は小型でローコストに作れて現場で自由に周波数が変えられるというメリットはありますがジッターの面では不利です。

固定周波数ならば出力に高性能のバンドパスフィルター(たとえばクリスタルフィルター)をいれると改善すると思います。

>どらさん
リンク切れの件教えていただきありがとうございます。
修正しました
dty山本
2009/09/01 17:42
 5680Aの周波数設定に関しては山本さんの記事を大変参考にさせて頂きました。一時リンクが見えなくなったので雑誌の方にも設定方法を載せてみました。
 ジッターの件は定性的には確かにそうですが、データおよび理論的にどの程度になるんでしょうかね。
 オーディオの場合はいくつかの中途半端な周波数が必要なのでジッターの面があっても周波数を可変できるメリットの方が多いと思っています。
ケン
2009/09/01 20:44
数学的なことはよくわかりませんがジッターの値は出力のノイズの影響が大きいと思います。
DDSは50MHz 10bitで 時間的にも電圧的にも量子化された波形になりますのでうまくフィルターしないと量子化ノイズは大きいです。
うまくいっているのは水晶発振器のところに水晶を外さずに注入しているとのことで
その水晶がうまくバンドパスフィルターの働きをしているんではないかと思います。
dty山本
2009/09/05 20:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラ技9月号 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる