ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS DCX2496改造part2

<<   作成日時 : 2009/05/11 15:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 DXC2496の改造第2弾はケース変更の予定だったが、既成のパネルサイズに合わせての作り込みはなかなか難しくて時間がかかる。そこで24Mアップクロックを組み込んで一応使えるようにまとめてみた。

 ルビジュウムの外部クロック入力BNC端子を背面に増設し、本体のDSP基板の水晶を外してソケット化、外部クロックと差し替えられるようにした。電源はDSP基板の5Vから拝借。
 早速フィルターはOFFして通常のDACとして聞いてみたが、どうももうひとつ。スッキリとはするがグレードが上がった様には聞こえない。
 やはりアップクロックPLLの問題かと思ったが、アップクロックICのレギュレータ電圧を確認してみると2.7Vしか出ていない。元々9Vあたりの電源を想定していたのでドロッパー抵抗の値が高すぎた。早速修正して3.3V(実際は3.6V)に調整。聞きなおしてみるとしっかりと腰が据わって厚みのある音に変身した。これで何とか使えそうだ。

 ただし今回はクロックが共用のため11.2986MHz(44.1KHz256fs)なので本来の12.288MHz(96kHz128fs)ではない。もちろん再生周波数は入出力で変わらないが、DSP処理の部分つまりフィルター定数などはその比で下がってしまうため若干注意が必要だ。まあこれはそのうち96KHzfs系のルビも用意するつもりなのでその時は解決するだろう。

 ついでに懸案だったSRCのPLLフィルター定数も変更。具体的にはR16を5.1k->1.4k、C29を82n->1u、C46の2.2n->33nに変更midium-typeに近づけた。これも今回のクロックの領域とは別の効果なのでそれぞれのが相乗して更に良くなったようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DCX2496改造part2 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる