ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS SCD-XE6の改造1

<<   作成日時 : 2008/07/08 08:30   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 早速XE6を改造したが、一番手軽で効きそうな電源デカップリング部をOSコンに換装する。前にも書いたようにDAC基板が単体で外れるので改造は楽に出来る。
 DAC部分の5Vと3.3V、基準電圧部分、発振器の3.3V、ポストフィルターOpampの±7Vの電源コン、段間の結合コンなどをそれぞれ適当なOSコンに交換する。電源供給ラインは5.1マルチ出力DACチップと共通なのでそちらも合わせて交換。ちなみに2ch出力とマルチのフロント出力とはDAC部分は共用になっている。
 電源整流、定電圧部分も若干問題があったのでショットキーダイオードへの交換と3端子発熱低減のための直列抵抗を入れたり、発熱を受けないようコンデンサの位置を変えたりしたが、まだ完全ではない。
 未改造品と比べたが大分よくなってワイドレンジですっきりとした音になった。元も落ち着いた音でそれなりに音作りは上手いが、聞き比べると全体の伸びやかさが足りないように聞こえる。この程度でも結構なレベルになったのでメカ部分の改造をするかどうかは少し聞き込んでから決めようと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この基板のスルーホール 「銀スル」抵抗値が少しありますよね!
これも影響しそうな・・・

某例会で観てみたいです.
わいわいわい @ ぐんま
2008/07/08 23:16
7月の例会はお休みの予定なので公開は8月か合宿ですかね。銀スルーは100mΩ/穴以下ですから、電流さえ流さなければまあ問題なさそうですが、比較したことはありません。メーカはコストダウンで使うんでしょう。銀だから音よかったりして(^^;。
ケン
2008/07/10 08:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
SCD-XE6の改造1 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる