ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS SACD機購入

<<   作成日時 : 2008/07/01 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 DV−600AVも、もうひとつだったので中古ですが、SACDプレーヤを導入しました。もうだいぶ古いそれも一番のローコスト機種のSONY製SCD−XE6です。
 まあたまたま現物の中身を見ることができたので、改造しやすそうだと思い購入しました。今の最新型はチップがDACを含め一体の物も多いのでそれでは歯が立ちませんから、古いほうがやりやすいかも知れません。
 これはDACチップにBBのDSD−1702が使われていて、アナログ部分が別基板になっている点も使いやすそう。ポストフィルターは2114を使った3次?フィルターで最後にトランジスタミュート回路がついたごくシンプルな回路で電源はOpアンプ部が±7V、DAC部分が5Vと3.3Vでした。
 早速改造計画を立てています。よく見るとアナログ部の入力にはDSD信号のDSDLとDSDR、クロックのDBCKがちゃんと見えます。これをPCM変換すればハイサンプリングデータが取れるのではないかと。。。たとえばDDX−8001はDSD入力−>PCM出力があるんですが。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SACD機購入 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる