ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS Music and Onの周波数特性

<<   作成日時 : 2008/01/11 07:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 まずは周波数特性。室内1mなので中低域の暴れは多分部屋の反射だろうと思う。近接で測ってマージするのが本来だが、今回は時間が無いので手抜き。
 クロスは1.2kHzと10kHz。下はもう少し下げたいがMIDがこの辺でぎりぎり。スロープは-12dB/oct。MIDの上は出しっぱなしで綺麗に落ちているのでネットワークでは何もしていない。
 Hiはもう少しレベルを上げたいがユニットの能率でここまで。当初はマイクの特性で持ち上がっていたのでOKかと思っていたが、ユニットの選択ミスかな。クロスを下げるとMIDと干渉してディップがでるのでこのあたりがよいところ。スロープは−18dB/oct。まあ味付け程度なのでそのままで良しとする。
 低域ユニットはミッドバス風なので余り最低域は伸びていない。その分厚みのある音がする。バランスはまあまあ。中高域ユニットを釣ったので音は伸び伸びと鳴るのが好い所だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Music and Onの周波数特性 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる