ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS SATRIイコライザ

<<   作成日時 : 2007/10/24 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 久しぶりのアナログ(LP)ネタで、SATRI−ICを使ったイコライザを製作した。

 最近SP V1.0に始まるSATRI−ICのVerUPで再生系全体のレベルが上がってきている。お陰でアナログも随分楽しめるようになってきたので、ここでイコライザもグレードアップで更なる世界を目指そうと考えた。丁度小型でかっこいいケースを見つけたのがきっかけでこのプロジェクトはスタート。プリの内蔵イコライザ(大澤式)とは又違った持ち運び可能なお出かけイコライザの製作である。
 現有のプリを作成したときにもイコライザはSATRIも製作したのだが、当時は初代のバージョンでもう一つ切れが甘く、大澤式に変更した経緯がある。今回は最新の改良をフルに盛り込み新しい音を目指すことにした。(とはいえどうも最近本家で最新回路が開発されたらしい。これは後でフォローする事にする)
 写真の様に外形は12Wx18Lx6Hと小さいので中身は結構詰まっている。勿論電源は別体(写真下)となる。当面電源はマイク用の物を流用、かなりプアな内容だがコンデンサ等は増設を検討すればよいだろう。そのためLEDの色が合わないのはご愛嬌。
 回路は左右別基板でKIT-1001基板を利用してSATRI流に言えばV6.2,V8.V9搭載となる。勿論ICはSP V1.0、V5.1は搭載可能だが当面は内部で等価回路を組み込んでいるので、ほぼフルバージョンとなる。(といっても詳しくない人にはバージョン番号ではなんだか解らないが説明すると長くなるので省略します。)一応出力はSATRI−LINKも対応となっている。
 キット基板流用なので製作は簡単かなと思ったのだが、開始から一ヶ月以上掛かってしまった。色々盛り込んだ点もあるが何と微弱な発振が取れずに苦労した。SATRI回路は帯域が広いので発振しやすいが、特にイコライザなど周波数特性をもたせると高域での負荷インピーダンスが低くなりその点で問題が発生していた。そこに気が付くまであちこちと回り道をしていたので時間が掛かってしまった。一時は投げようかと思ったのだがまあ何とか動くようになってホット一安心。まだ一部改善の余地があるがその辺は徐々に。

 肝心の音は最近のZ201抵抗のお陰か非常にストレス無くLPが聞ける。今まで我が家ではLPはデジタル系に半歩遅れていて良さは感じながらも楽しく聞けるという感じにはならなかったし、盤による好みの差も出やすかった。今回のイコライザはそれぞれの盤の録音内容のレベルの違いは感じるものの、いずれもそのアナログの良さを楽しみながら聞けることに驚いている。今までなんてことは無い盤もホゥという新鮮な楽しみが味わえる。更にノイズがあまり気にならなくなって来た事も有り難い。ゲインはちょっと高めだがS/Nも以前よりぐっと改善されてている点も効いているのかもしれない。
 まだ出来たばかりで初期エージングの音の変化も、音質的な追い込みもこれからだが楽しみである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SATRIイコライザ ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる