ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS パラコン

<<   作成日時 : 2007/07/14 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 今月のラジオ技術のクロストークに伊藤氏がヒューズの音質向上にパラにコンデンサを入れるという事例を発表をしている。
 ヒューズで音が変るは色々経験していて、ヒューズ種類も色々あるが安全基準の為には必要悪たが無くせない。そこでパラにコンデンサを入れヒューズの根本的な音質改善を図るというものだ。
 こちらでも写真のように早速コンデンサを追加して調べてみると確かに私が聞いた限りでは好ましい方向に変っている。ヒューズは数十mΩ程度の抵抗でコードにすれば10m程度のものだが素材の違いか結構音質上のネックになっているのかもしれない。
 ほとんどのAC電源使用の音響機器には必ずヒューズが付いているはずだから、個々に音質向上が図られれば全体でみればは大きな効果が望めるだろう。
 まあ自作の経験がある方には作業は簡単だから一度試してみると良い。ただし、コンデンサの耐圧は注意すること。写真のは仮なのでリードは被服をしたほうが良いだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イヤハヤ恐れ入りました。フューズにまでコンデンサ噛ますなんて、伊藤さん面目躍如たるものですね。
と言う事は、すでにS区のシステムにも採用されているんですね。
ゴルフ13
2007/07/14 19:08
 ええ、ほぼ全部いきわたっていると思います。それ以外にもあちこちバージョンアップが有って相変わらずドンドングレードアップしています。
ケン
2007/07/14 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
パラコン ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる