ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 6V6アンプ第二弾(調整編)

<<   作成日時 : 2007/04/26 10:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 前述の回路図を元にNFBの調整を行う。調整といっても第一弾と同じように仕上がりゲインのレベルでの位相余裕が取れるように、今回はPK帰還のC6の値を調整することになる。結果もほぼ同じなのでゲイン特性は省略。
 今回は約2200pFあたりで良さそうだ。6350のカソード抵抗は(NFに効く分は)100Ωだから値としては大きくなる。オールオーバの補償は3300pFでオーバーシュートが無くなり写真のように綺麗な矩形波応答となった。カットオフはちょっと下がって45kHzあたりになる。

 とこれで終わりなら簡単なのだが音を聞いてみると何となくつまらない音になっている。この辺がオーディオアンプの難しいところというか好みの範疇なのかどうか音がすっきりとし過ぎて球アンプらしくない。
 特性を無視するのは野暮だが、特性がよければ終わりではこれまた片手落ちのような気がするのでもう少しいじってみることにする。ということでチューン編につづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6V6アンプ第二弾(調整編)  ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる